マーケティング
再生機構
Marketing
Regeneration
Company
数年過ごしたネットの世界から
マーケティングの仕事に
戻ってきました

広告ムラの解散的発展に
積極的な関与をしたいと
考えています
| CALENDAR | OSUSUME | ENTRIES | COMMENTS | TRACKBACKS |
| CATEGORIES | ARCHIVE | LINKS | PROFILE | WIDGETS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ネットは本当にテレビCMの救世主となるのか
ここにきて急激にテレビCMの出稿金額が落ち込んでいるなか、先行き暗い地方局を代表して、名古屋のCBCが噛ませ犬になるようだ。ある意味、電通ではなく博報堂DYが先行というのも、CBCとHDYの関係以上に、様々な配慮が働いたのであろうか。

TV・ネット連動の新型広告を開発 ヤフーなど3社が共同で

1番組だけでやったところで意味はないので、これを(ポーズであったとしても)「新型広告」として商品化したい、ということだろうが、このスキームでは受け皿になりうるのがいまのところ、いやこの先しばらくもヤフーぐらいしか考えられない。広告主は、CMが失いつつあるところのリーチを第一に期待して、ということだろうから。

最終的には局の取り分が減るだけで、ヤフー焼け太りになりそうだな・・・


その他のソース:ITplus 広告会議
テレビ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://m-r-c.jugem.jp/trackback/9
<< next | top | previous >>