マーケティング
再生機構
Marketing
Regeneration
Company
数年過ごしたネットの世界から
マーケティングの仕事に
戻ってきました

広告ムラの解散的発展に
積極的な関与をしたいと
考えています
| CALENDAR | OSUSUME | ENTRIES | COMMENTS | TRACKBACKS |
| CATEGORIES | ARCHIVE | LINKS | PROFILE | WIDGETS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
顔認識で出し分けキタ! NECがデジタルサイネージをデモ
イスラエルを待たずしても、デジタルサイネージの世界に"マーケティングプラットフォーム"志向を強く感じさせる、汎用的なものが出て来た。

顔認識であなたに合った広告を――NECのデジタルサイネージ

記事によると、
「会場では金融機関の広告を表示するデモを披露。40代前後の男性が通ると住宅ローンの広告を表示し、女性の記者が通るとレディースローンの広告が表示された。」
とのことで、デモ内容自体がネット広告の辿って来た道そのまんまというか、まず最初に狙うであろうカテゴリーそのものすぎて寒いくらい笑えましい。

下の過去記事を読むと、既にノウハウの蓄積に向けた動きがかなり進んでいる模様。

お台場冒険王の人気アトラクションに見る電子看板ビジネスの真骨頂
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0808/14/news005.html

そうなるとやはり、マーケティングプラットフォームになるべくして最後に残る大きな課題は、規格の標準化か。この際、世界が憧れるくらいのガラパゴスになるのはいいけれど、せめて国内くらいは規格統一してくれないと広告主側は、、、いや、規格がバラバラの方がネット広告と同じで、人海戦術だけはすごい(それ以外は取り柄なし)のベンチャー代理店の参入余地があっていいかも?

注:デジタルサイネージコンソーシアムという国内標準化団体はあります。


デジタルサイネージ comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://m-r-c.jugem.jp/trackback/5
東京国際フォーラム
| 大津留公彦のブログ2 | 2008/11/12 17:35 |
<< next | top | previous >>