マーケティング
再生機構
Marketing
Regeneration
Company
数年過ごしたネットの世界から
マーケティングの仕事に
戻ってきました

広告ムラの解散的発展に
積極的な関与をしたいと
考えています
| CALENDAR | OSUSUME | ENTRIES | COMMENTS | TRACKBACKS |
| CATEGORIES | ARCHIVE | LINKS | PROFILE | WIDGETS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
グーグルが謝罪をしたpay-per-post
祝日の前からTechCrunchあたりで非常に騒がしい記事が出ていて、 どういうことかと思っていたところ、グーグルからの釈明が出されるという結果に(対応の早さは認めるが、内容は謝罪というより、釈明に近い)。

グーグル、プロモーションで謝罪--抵触したサーチガイドラインとは

ここ1年ほど日本法人の自主性が大幅に認められていた傾向にあったのは、外部からも伺われていたが、HQのポリシーが浸透していない(もしくは希薄になった)なかで、勝手にやってしまったということのようだ。

TechCrunchの記事のタイトル「手段を選ばぬ」の手段は、原題ではtrickであり、その参照元記事に至っては「dirty pay-per-post」と過激な表現をしている通り、アメリカではpay-per-postは既にクロに限りなく近いとみなされているようである。このような世論の形成には、他ならぬグーグル自身がブロゴスフィアを司る全能の神として影響を及ぼして来た経緯がある(例のページランク問題)。

一方日本ではpay-per-postはシロという評価はないが決してクロではない。これには異論もあるであろうが、先日徳力さんがWOMマーケティング協議会の集まりや、Roppongi Bizのセミナー講演で語っていたように、その可否は読者であるユーザーが受け入れるかどうか、という基準が最も妥当性が高いのではないかと、私も思う。(徳力氏個人としてはpay-per-postに好意を持ってはいないと言明していることを申し添えておきます)

ただ氏が続けて言っていたように、その基準線は変化する可能性のあるものである。これまでは日本では寛容であったものが、この騒ぎがひとつのきっかけとなり、より厳しくなるということは可能性としてはあるであろう。

もっとも私自身は、教条主義的なpay-per-post追放運動は、WOM(クチコミ)マーケティングのもっと本質的な問題を包み隠してしまうのではないかと懸念している。それは言わずと知れたフェイクの問題である。pay-per-postでなければ、自然発生のクチコミと全く同じように見なしてもよいという考え方には、私は賛成していない。それは(かつての炎上したフェイクよりもっと)巧妙で悪質なフェイクの温床となり続けてしまう。

pay-per-postは当然その旨をブログ上に書くべきなのだが、たとえ情報がpaidでなくとも、それが広告主もしくはその代理者から提供されたものであれば、無報酬だがオーガニックではない「スポンサードクチコミ」として情報開示を行なうルールを設けることが望ましいと、個人的には考えている。

それではクチコミマーケティングの効果が薄れることを懸念する声もあるかも知れないが、検索連動型広告と同様、評価は読者であるユーザーに任せるべきではないだろうか。検索連動型広告をクリックするユーザーが現在インターネットの経済を支えるほど非常に多数いるのと同様、「スポンサードクチコミ」を活用するユーザーが多くいてもおかしくはないと私は思う。


(参考)
チミンモラスイ?:ブロガーズネットワーク再考 その9 (騒動に至る経緯)
http://mapz.exblog.jp/10329405/
tokuriki.com:GoogleのPayPerPost騒動の議論に思うこと
ガ島通信:GoogleのPPP騒動の何が問題なのか整理してみました
http://d.hatena.ne.jp/gatonews/20090212/1234400364
mediologic.com:広告メディア側が口だせない範囲については広告主責任。(その後の経緯)
http://www.mediologic.com/weblog/archives/001774.html


ソーシャルメディア comments(0) trackbacks(0)
CRMとつながるCGM〜マーケティングに進むFacebookアプリケーション
Facebookのアプリなんてお遊びばかりじゃないか、という指摘は今までのところ間違ってはいないのだが、こんな試みも始まっているのだ。

[IT]クラウドの統合:SalesforceとFacebookを巧みに連結するAppirioのReferMyFriends
http://jp.techcrunch.com/archives/20090130combining-clouds-appirios-refermyfriends-app-deftly-links-facebook-to-salesforce/

SNSアプリケーションが、デスクトップウィジェットやブログパーツと大きく異なるのは、ID・バイタリティ・ソーシャルグラフを抱え込むことが出来る点である。ブログでも擬似的にこれらを取り込む試みもあったのだが、MyBlogLogも最近話にのぼらないし、、、あっ、我が日本にもヤフージャパン様の「ログール」があるのだが、、、

オフラインでにせよオンラインでにせよ、リアルな(現実の)購買行動の記録であるCRMと、バーチャルな友人関係を含めてのソーシャルグラフ、がこうして結びつけられてしまったのだ。すでにSNSでは人々が多くの時間を過ごし、他のメディアとのそれ以上に、濃密なコミュニケーションを行なう場となっている。もちろんそこには様々なタイプの心理的な変容〜誰かからの推奨によるものを含めて〜が起きているのだ。

このReferMyFriendsに実装された機能は、そのつながりが生み出す可能性のまだ一部でしかなく、広告主とユーザー双方のニーズに応じてもっと用途の広がりが生まれてもおかしくない。もちろんプライバシーの問題があり、またそれ以上に日本のカルチャーと商慣行のいずれにも馴染まないと鷹をくくる人もいるかも知れない。しかし、我々が最もよく目にするSNS、mixiが何も進んでいないこの数年の間に、これまでありえなかったようなマーケティングを可能とする新しいプラットフォームが、既に水面より顔を出そうとしている事実からは目をそらしてはいけないだろう。

何かプラスアルファ、これから我々にも出来るオリジナルなことはないかと考えていたが、、、前回のエントリーに書いたクチコミマーケティングとの融合はどうだろう。クチコミマーケティングの現在の障害のひとつは、その効果測定。うまくやればSNSでの情報の伝播から、購買やリピート顧客化まで追跡出来るはずの、このようなアプリケーションがあれば、測定の精度も大きく高まるかもしれない。(もちろん、ソーシャルメディアのマーケティングは、企業だけでなくユーザーにとってハッピーな関係の構築に寄与することが何より大前提です)

追記:TechCrunchにはMyBlogLogがついてました。失礼。出て来た時は個人的には注目していて、期待も大きかったのですが。いまはFriendFeedに流れが引き継がれた感じでしょうか。

(参考)クラウドコンピューティングの専門家の方の見方です。
http://blogs.itmedia.co.jp/tseki/2009/02/post-dd92.html
ソーシャルメディア comments(0) trackbacks(0)
mixiがOpenSocial準拠の「mixi Platform」を来春リリース
mixiにしては思わせぶりな発表の仕方と言われていたので、淡い期待をしていたのだが・・・

ミクシィ、OpenSocial準拠の「mixi Platform」を来春開放、外部企業によるサービス開発を可能に

ミクシィ笠原社長に聞く、mixiが登録制に移行したワケ

「mixiを小さなインターネットに」 招待制・“18禁”廃止の狙いを笠原社長に聞く
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/27/news126.html

・SNSのキモはソーシャルグラフであり、これをplatformと位置づける。
・そのソーシャルグラフを活用した「mixiアプリ」と「mixiコネクト」をリリースする。
・ソーシャルグラフを拡大するために、招待制の廃止と若年層の取り込みを行なう。

もちろん、どれも教科書通りに正しい。特に「アプリ」だけでなく「コネクト」を盛り込んで来たのは、ちゃんと勉強はしているよね笠原社長、と思わせるもの。

しかし今回の発表の限りでは、mixi自体がどんな将来を描き、どのようにユーザーの心をつなぎ止めて行くのか、ほとんど何も伝わって来ない。ファンドを設立して、とニュースネタになりそうな要素を盛り込んだのはポテンヒットだったが、結局自力ではノーアイデアなので、開発パートナーに頼ります、ということなのか。

mixiは既に時間との戦いに入っているはずである。一般層にまでブレイクした頃の輝きは薄れ、すでに離反しているユーザーも少なからずいる。それなのに、mixiの進歩は非常に遅い。OpenSocialの採用を発表してから、既に1年以上の歳月が経っている。そんなにスローなタイムマシン経営では、ソーシャルグラフの上でこそ成り立つサービスが出揃う頃には、肝心のソーシャルグラフがボロボロになっていることも大いにありうる。

モバゲーやGREEではソーシャルグラフの質が低い。ヤフー(ジャパン)はアレだし、海外勢もぱっとしない。米国やヨーロッパ(あるいは韓国や中国)で「ソーシャルグラフ・マーケティング」が花盛りになったときに、日本だけ展開不能、という逆ガラパゴス現象さえ起こっても、おかしくないだろう。

そう考えると、日本における最も有望なソーシャルグラフは、携帯電話の電話帳なのかも知れない。デフォルトではローカル(端末)にあって、外の何ともオンラインでつながっていない機能だが、ソフトバンクあたりはこっそりネットワーク上に集めようとしている。難点は、ひとつの電話帳には一方向のつながりしか現れていないことだが、キャリアがその気になれば、自社の電話帳同士を紐づけして、双方向の関係を浮かび上がらせていくことは不可能ではないだろう。

よほどコンソーシアムでも作らない限り他キャリアのユーザーも含めたソーシャルグラフは作れないが、それでもドコモなんかは5,400万人以上のユーザーがいる。mixiの1,500万人の何倍か。果たしてどちらの精度が高いであろうか。 
ソーシャルメディア comments(4) trackbacks(2)
Facebook Connectでプラットフォーム競争の新ステージへ
Facebookといえば、今夏デザインがリニューアルされてからというものの、アプリケーションの使い勝手が悪化(実際にトラフィックも落ちた模様)。Open Socialとのプラットフォーム全面戦争を前に、自ら兵を引き揚げた(あるいは自爆した)かのように思われていた。しかし、Facebookプラットフォームとして知られるウィジェット・プラットフォームの、次を見越したプラットフォームこそ、この1週間にTechCrunchで2度取り上げられたFacebook Connectのようである。

Facebook Connectの現状:パートナー達はどこへ行った

Facebook Connect、11月30日に公開

ID連携だけならOpen IDもあるし、日本でもヤフージャパンがIDの外出しを昨今積極的にセールスしている。しかしFacebookには、何よりソーシャルグラフ(とバイタリティエンジン)が備わっている。単に個人のデータ管理の利便性やセキュリティその他の次元ではなく、これまでにないビジネスプラットフォームへと発展する可能性を秘めているのだ。

Diggから始まるというのは、Facebook Ads (Social Ads) の教訓が生かされているというべきか、Facebookにとって最善であろう。おそらく誰からも大きな反発を受けそうにない。現段階で発表されている他のパートナー企業もメディア系がほとんどである。しかし、いつコマース系のサイトがつながって来ても何ら不思議ではない。Amazonとつながる、Appleとつながる、はたまた楽天とつながる(笑)、かも知れない。

そうなると、(Social Adsで一旦は挫折しかかったものの)ソーシャルなマーケティング手法が模索され確立されていくであろうし、胴元企業(Facebook)・チャネル・広告主(メーカー)・マーケティング会社が参戦し、新たなビジネススキームを探ることとなるだろう。

Google Adwordsがそうだけど、やっぱり胴元ばかりが強そうなモデルだな。広告会社、もといマーケティング会社には参入の余地があるのかな。出来れば必要な利益を上げられる形で。

補足:MySpaceのData Availability(米Yahoo!、eBay、twitterらが賛同)との競争はどうなるのか。
ソーシャルメディア comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |